[2001] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気SALE,HOT

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2001] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気SALE,HOT

[1964] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 全国無料,新作

中間的な色合いの中で薄い方。十分に熟成しているように見える。控えめだが良い香り。かなり甘く、フルボディで、リッチで、力強く、ピリッとしていて、まだ絹のようなタンニンがある。最後の記録は1996年7月。★★★★ これからも楽しめるはず。 (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳) [1964] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 全国無料,新作

[1991] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 100%新品,定番

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} エシェゾー Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) グラン エシェゾーの西と南に広がる畑で、味わいはしばしば「グラン エシェゾーの弟」と表現されます。ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのワインの中では最も早熟で、早くから楽しめます。軽やかで優美な、親しみやすいワインです。 [1991] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 100%新品,定番

[1995] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 限定セール,低価

【パーカー95-97点】 1995 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 95-97pt. Drink 2008-2020 An ebullient nose: so pure with cherries, wild strawberries. The palate is quite fleshy with copious amounts of cassis and blackcherry with a touch of spice. A succulent finish that begs you to take another sip. More profound that La Tache. An awesome wine. Tasted February 1998.Wine Journal #N/A (2007-05-30) 1995年 ロマネ・コンティ 思っていたほど深い色ではない。初めは控えめなキイチゴの香りだが、偉大な複雑さとリッチさを持つ。2時間後かすかにカラメル、その後花の香り。甘くて、リッチ、完璧、素晴らしい風味、絹のようで、革のようなタンニン、優れた後味。多面的。隠れた深み。次々と資質が現れる。試飲は2003年11月。★★★(★★)2015年~2030年。 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1995] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 限定セール,低価

[1992] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お買い得,爆買い

※液面:22mm ※ラベル汚れあり .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1992] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お買い得,爆買い

[1998] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気SALE,正規品

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} エシェゾー Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) グラン エシェゾーの西と南に広がる畑で、味わいはしばしば「グラン エシェゾーの弟」と表現されます。ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのワインの中では最も早熟で、早くから楽しめます。軽やかで優美な、親しみやすいワインです。 [1998] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気SALE,正規品

[2007] DRC ロマネコンティRomanee Conti 安い,2015

【パーカー96点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 2007 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 96pt. Drink データなし I have never been treated to such a profusion of floral perfume from this legendary site as rose over the glass of 2007 Romanee-Conti. Hyacinth, rose, gladiola, and iris are underlain by scents of moss-covered, damp stone, wild ginger, and diverse tiny red fruits. “Romanee-Conti c’est le nez,” remarks de Villaine of this almost ethereal Pinot. The contrast with the more fleshly La Tache could not be more dramatic. But this doesn’t pull back on its silken-textured palate, either ? far from it: along with persistent inner-mouth profusion of floral perfume come savory, irresistibly juicy raspberry and pomegranate as well as an impression of marrow-rich, multi-boned meat stock. A wafting, wave-like finish harbors the sort of exhilarating sheer refreshment one looks for in white wine, and a kaleidoscopic interchange of colorful floral, spice, fruit, carnal, and mineral elements such as few wines of any sort can deliver.Wine Advocate #189 Jun 2010 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2007] DRC ロマネコンティRomanee Conti 安い,2015

[1976] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,大得価

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 1976 Domaine de la Romanee Conti La Tache 86pt. Drink データなし PRODUCTION: 2,115 cases. An inconsistent year for the DRC wines, the 1976 La Tache possesses extremely high alcohol, ferocious levels of tannin, and a disjointed, diffuse character. It offers the earthy, smoked game, spicy, ripe components of a top vintage, but the wine has a hole in the middle and the structure dominates the wine's personality. The tea and vegetal aspects of Pinot Noir emerge as the wine sits in the glass. It is likely to dry out further with cellaring, so drink it up.Wine Advocate #100 (1995-08-31) 最新の試飲について:2本のうち1本目は魅力的な色。模倣を許さないラ・ターシュの芳香に、ほのかな甘草、オリーヴ、イチゴのようなピノの香り。中辛口。干したベリーの風味。非常にタンニンが強い。厳しい切れ味。2本目は1本目より色が薄め。香りも柔らかめ。調和がとれ、人に迫ってくるようで、スパイシーで、チェリーのような香り。1本目より衝撃的でなく、愛らしい果実味。非常にドライな切れ味。最後の試飲は2005年11月。最上で★★★★★ ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1976] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,大得価

[1999] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,新作

[2002] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

【パーカー97点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} 2002 Domaine de la Romanee Conti La Tache 97pt. Drink 2016-2045 Tasted at the La Tache vertical at The Square. It was initially difficult to choose between the 1999 and 2002 La Tache, but in the end the former just ascended to the stratosphere, while the latter simply cruised, albeit at a very high altitude. Now at 13 years of age, there is just a slight bricking on the rim. It feels a little more forward than the 1999?a stylish and personality-driven bouquet with predominantly red berry fruit interlaced with warm bricks and undergrowth (much more so of the latter compared to the 1999). The palate is beautifully balanced with exquisite tannin, perfect acidity and an effortless, you might say easygoing personality. That is deceptive because it is a complex and utterly harmonious La Tache that is the epitome of elegance. Unlike the 1999, I would broach this now with an hour's decanting. Wonderful.eRobertParker.com #218 (2015-04-30) ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 [2002] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

[1989] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作登場,送料無料

【パーカー92点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 1989 Domaine de la Romanee Conti La Tache 92pt. Drink 1996-2009 ハークのブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・トロッケンベーレンアウスレーゼ2007年は、オークションではなく、正規の価格表に従って売買される定めとなっているが、私が試飲した昨年9月にはまだ瓶詰めされておらず、最近の硫黄処理による影響がまだ残っていた。それでもワインは爆発的に凝縮感のあるもので、ピーチジャム、ブラウンスパイス、ヌガー、マジパン、ホワイトレーズンがどっさりの感があった。実際のところ、ナッツ菓子と切り離してこのリースリングを思い起こすことはほとんどない。ヴィンテージの最良のワインならではの、高揚感とほとんど重さがない感覚が、このワインでも劇的に披露されている。それでもフィニッシュではオレンジとピンクのグレープフルーツピール、明瞭なシナモンスパイス、微妙に噛みごたえのある桃の果皮の刺激が相まって、より手ごたえのある芯の強さが感じられ、それがワインのクリーミーな、浮揚感をもたらす口蓋での出来やナッツペーストの個性が私に期待を抱かせた感覚よりも強いものとなっている。この霊薬のように好奇心を刺激し爽快感をもたらすワインは、やがてはその驚嘆すべき味わいにより素朴に人を夢想へといざなうことになろう。言うまでもないことだがこれは後世にまで伝えるべきものだ。 オリヴァー&ヴィルヘルム・ハークがまたしてもやってくれた。彼らの品揃えのすべてで一貫したセンセーショナルな成功を収めたのである。2007年ものは、2006年もののように、過去のあらゆる偶像視されているヴィンテージ(2006年の場合なら1953年)と比較できるものにはなりえないだろうが、それだけになお興奮させられるのである。Wine Advocate #183 (2009-06-30) 思っていたより強烈さが少なく、明るい、いくらかチョコレートのような香りがし、グラスの中で時間が経つとイチゴのような果実味を帯び、6時間後でもまだスパイシーだった。かなり甘く、充実感があり、依然として自己主張があり、明らかにタンニンが強く、後味は長く、ピリッとして、フルーティ。最後の試飲は1998年4月。 ★★★(★★)今~2020年。 (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1989] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作登場,送料無料

[1984] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価,100%新品

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} リシュブールRichebourg ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑のすぐ北に隣接。果実味に富んだ極めて魅惑的なワインで、熟成されるにつれて信じがたいような華やぎと官能的なまでの艶やかさを身につけていきます。その香りは「百の花の香りを集めてきたような」と形容されます。 [1984] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価,100%新品

[2007] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 超激得,限定セール

【パーカー91点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} リシュブールRichebourg ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑のすぐ北に隣接。果実味に富んだ極めて魅惑的なワインで、熟成されるにつれて信じがたいような華やぎと官能的なまでの艶やかさを身につけていきます。その香りは「百の花の香りを集めてきたような」と形容されます。 Year Wine Name Rating Maturity 2007 Domaine de la Romanee Conti Richebourg91 2010 - 2020Wine Advocate #189 Jun 2010 Game, musk, Latakia tobacco, and dark berries in the nose of the Domaine’s 2007 Richebourg foreshadow flavors of salted tart black fruits, roasted game, and hints of black pepper and tar, all underlain by mouth-coating, faintly gum-numbing if fine-grained, tannins. After the charm of the Echezeaux, imposing sweetness of the Grands-Echezeaux, and savory mystery of the Romanee-St.-Vivant, I confess I may be at fault in not conceiving an inspiring role to assign this faintly Syrah-like Richebourg. It displays impressive amplitude, ripeness, and sheer grip – especially for its vintage – but is slightly ungainly (as it was earlier in barrel), if perhaps merely adolescently so. I would (in an ideal world, of course!) want to revisit this in 3-4 years, though I am sure it is built to last for well more than a decade. [2007] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 超激得,限定セール

[2011] DRC ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ キュヴェ・デュヴォー・ブロシェ Vosne Romanee 1er cru Cuvee Duvault Blochetドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,爆買い

【DRC 2004★ミニアソート 6本】[2004] RC・LT・R・RS・GE・Eドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,定番

●セット内容 ヴィンテージ:2004年 計 6本 ・2004 ロマネ コンティ 750ml 1本 ・2004 ラ・ターシュ 750ml 1本 ・2004 リシュブール 750ml 1本 ・2004 ロマネ・サン・ヴィヴァン 750ml 1本 ・2004 グラン・エシェゾー 750ml 1本 ・2004 エシェゾー 750ml 1本 【DRC 2004★ミニアソート 6本】[2004] RC・LT・R・RS・GE・Eドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,定番

[1964] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,新品

[2008] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 驚きの破格値,お買い得

【パーカー97点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 2008 Domaine de la Romanee Conti La Tache 97pt. Drink 2028-2048 The 2008 La Tache is another huge, powerful wine. Deep layers of perfumed fruit flow from this gorgeous wine. Mint, crushed flowers, orange peel and spices are just some of the notes that emerge from the wonderfully textured fruit. Darker hints of earthiness, tar and minerals frame the sweeping, eternal finish. This is simply dazzling. Anticipated maturity: 2028-2048. tasted the 2008s in bottle in late June 2011 after having gone through the 2010s from barrel. Aubert de Villaine describes 2008 as a difficult vintage with a lot of rain. Botrytis was an issue and the vineyards required constant attention. On September 14 the weather changed dramatically. A steady north wind dried out the grapes and concentrated sugars quickly, which also reduced the size of the berries. A further selection of fruit lowered yields to an even greater extent, resulting in overall production that is as much as 50% lower than normal for the Domaine. As for the wines, they are magnificent in my view, but will require considerable patience.Wine Advocate #0911 (2011-09-30) [2008] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 驚きの破格値,お買い得

[1964] DRC ロマネコンティ 【ラベル汚れ】Romanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番,正規品

DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1964] DRC ロマネコンティ 【ラベル汚れ】Romanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番,正規品

[1959] グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お買い得,2015

[1982] DRC モンラッシェMontrachet【001520】ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,人気SALE

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) 一口含んだだけで体中が香り立つような素晴らしい芳香に富み、深みと優雅さをあわせもちます。 大デュマが「脱帽し、ひざまずいて飲むべし」と評した畑。この醸造元のものは、中でも凝縮味に富んでおり、極めて長熟です。 [1982] DRC モンラッシェMontrachet【001520】ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,人気SALE

[1972] ロマネ・サン・ヴィヴァン Romanee St Vivant ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作,100%新品

[1980] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価,本物保証

※液面の状態:53mm .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1980] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価,本物保証

[1983] DRC リシュブール Richebourg ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 高品質,品質保証

【パーカー90点】 1983 Domaine de la Romanee Conti Richebourg 90pt. Drink データなし The Richebourg is closed. The 1983 vintage for Domaine de la Romanee-Conti was a very tough year. First there was hail, then the advent of rot in August thanks to the tropical heat and humidity. When the harvest occurred, the domaine instructed its pickers to pick the grapes, not the grape bunches, by hand and to discard all of the rotten grapes. The results are splendidly concentrated, rich wines, but wines that are extremely expensive and need at least a decade of cellaring.Burgundy Book #B2 (1990-01-01) [1983] DRC リシュブール Richebourg ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 高品質,品質保証

[1967] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ HOT,お得

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 [1967] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ HOT,お得

[1984] DRC ラ・ターシュ 6本木箱La Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 超激得,格安

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 [1984] DRC ラ・ターシュ 6本木箱La Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 超激得,格安

[1994] DRC マール・ド・ブルゴーニュ ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ Marc de Bourgogne 全国無料,最新作

[1976] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,高品質

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1976] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 最安値,高品質

[1995] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,定番

【パーカー95点】 Year Wine Name Rating Maturity 1995Domaine de la Romanee Conti Richebourg95データなしIn Asia #0510 (2010-05-31)Pale+ ruby colour with a brick rim. Earthy, savoury, meaty nose with notes of ceps, smoky bacon, kirsch and spiced blackberries at the core. The palate is firmly structured, masculine, with a high level of grainy tannins and medium to high acidity complimenting the savoury fruit. Very long, earthy finish. Needs a few more years to soften and open out some of those more delicate, latent flavours but promises to be an amazing wine. 1995年 DRCリシュブール:★★(★★★) かなり深い色で、熟成が始まるところ。複雑な香り。最初は植物的で、スパイシーで、わずかにメタリックだが、やがてもっと大地を思わせる、においの強い特徴を発揮するようになる。かすかに甘草の香りも。甘く、リッチ、完璧で、魅力的、タンニンの渋みが強い。試飲は2003年11月。2010~2030年 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1995] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,定番

[2006] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気,100%新品

【パーカー98点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 2006 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 98pt. Drink データなし An extraordinary as well as extraordinarily intense aromatic display greets you from the glass of 2006 Romanee-Conti. Rose petals, griotte cherries, almond extract, mint, and cinnamon once again put me in mind of archetypal pinot with a soupcon of Gewurztraminer. The remarkable perfume and spice continue inner-mouth, allied to a silken textural refinement (as if the tannins were self-dissolving); to pure, fresh, but not at all superficially sweet cherry and raspberry essence; and to deep, marrowy meatiness and hints of truffle and forest floor. This pivots at midpoint, as it were ? though far more subtly than does its Richebourg sibling ? from perfume and fruit to almost sinister animal and mineral suggestions. The finish here is at once positively ethereal and deeply, darkly mysterious, like lingering harmony at the extremes of audibility. I suspect it will also outlive the other wines from this estate and vintage.Wine Advocate #186 Dec 2009 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2006] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気,100%新品

[1993] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 爆買い,100%新品

【パーカー90点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} グラン・エシェゾー Grands Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接。赤や黒の果実の香りが凝縮されたようなまろやかで、コクのある極めて魅力的なワインを生み出します。「深い森を散策する夢見がちな貴族」という形容も。 Year Wine Name Rating Maturity 1993Domaine de la Romanee Conti Grands Echezeaux902000-2010Wine Advocate #100 (1995-08-31)The Grands-Echezeaux is fuller, sweeter, and more concentrated than the Echezeaux. It reveals a healthy dark ruby color, an attractive nose of red and black fruits and pain grillee, followed by a medium-bodied, concentrated style with a firm, well-delineated, focused personality, and moderate tannin in the finish. It is a 15-year wine that requires another 5-6 years of patience. The DRC's 1993s possess the vintage's toughness, tannic structure, austerity, and aging potential. They will not be flattering to drink in their youth, and most will require 6-10 years of cellaring. Typical of the vintage, they appear to be the most tannic and structured wines made at this domaine since 1983. [1993] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 爆買い,100%新品

[1990] モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作,安い

【パーカー92点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) 一口含んだだけで体中が香り立つような素晴らしい芳香に富み、深みと優雅さをあわせもちます。 大デュマが「脱帽し、ひざまずいて飲むべし」と評した畑。この醸造元のものは、中でも凝縮味に富んでおり、極めて長熟です。 1990 Domaine de la Romanee Conti Montrachet 92pt. Drink 1993-2013 The 1990 Le Montrachet exhibits considerable opulence, as well as a tell-tale nose of coconut, buttered apples, and smoky, toasty new oak. Magnificently deep, expansive, and rich, with moderate acidity, it should prove to be a sensational DRC Le Montrachet. It is capable of lasting 15-20 years. The DRC was unhappy with their 1992 and will not produce any Montrachet. Those millionaires lucky enough to have access to this rarity, frequently the most concentrated Chardonnay made in the world, should be pleased with the 1991 and 1990. NOTE: I recently had the good fortune to taste all the DRC Le Montrachet's from 1979 through 1989. I thought the 1986, followed by 1983, 1979, and 1989, to be show-stoppers. The 1989 has the potential to be another 1986. The 1983 is phenomenally powerful and intense. I also enjoyed the 1982 and 1985, although the latter wine is backward, with high acidity and a monolithic personality. It will be interesting to see how much complexity develops. If you are a multi-millionaire, and feel compelled to taste the most lavish Chardonnays in the world, these wines are obligatory purchases.Wine Advocate #89 (1993-10-26) [1990] モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作,安い

[1973] DRC ロマネコンティ ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 【自社輸入・航空便】 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 750ml 驚きの破格値,送料無料