[1986] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番人気,新作登場

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 1986 Domaine de la Romanee Conti La Tache 88pt. Drink 1995-2000 PRODUCTION: 1,694 cases. This is another fully mature La Tache that requires drinking over the next 4-5 years. The medium garnet color exhibits some lightening at the edge. The wine reveals an attractive, herbal, earthy, berry fruit-scented nose. Slightly tannic, but soft and diffuse, this wine is likely to dry out by the end of the century.Wine Advocate #100 (1995-08-31) 熟し、焦げたような、スパイシーなピノ、初めはほころびているように見えるが、見事な芳香をとき放ち、グラスに残っていた少量のワインは、4時間以上ももちこたえていた。良いワインで、コシが強く、充実感があり、風味がある。最後の記録は1998年4月。★★★★ 今~2010年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1986] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番人気,新作登場

[2000] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価

【パーカー93点】 2000 Domaine de la Romanee Conti La Tache 93pt. Drink 2015-2030 Tasted at the La Tache vertical at The Square. The La Tache 2000 has never been reviewed by The Wine Advocate. Despite the challenges of this modest Burgundy season, it should not be overlooked. It clearly has a more mature appearance than the 1999 with wide bricking on the rim. The aromatics are also more advanced with bacon fat and baking powder infusing the red and black fruit. The palate is medium-bodied with firm tannins, tart red cherries on the entry and then moving confidently toward secondary notes on the finish?cola, brown spices and sage. There is a lovely purity to this La Tache that is probably reaching its peak now, but should plateau for 10-15 years. eRobertParker.com #218 (2015-04-30) [2000] DRC ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 得価

[2000] DRC モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ HOT,お得

【パーカー95点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) 一口含んだだけで体中が香り立つような素晴らしい芳香に富み、深みと優雅さをあわせもちます。 大デュマが「脱帽し、ひざまずいて飲むべし」と評した畑。この醸造元のものは、中でも凝縮味に富んでおり、極めて長熟です。 2000 Domaine de la Romanee Conti Montrachet 95pt. Drink 2003-2010 The Domaine de la Romanee-Conti’s policy of late harvests for their Montrachet leads to forward, expressive wines with boisterously flavorful personalities. The spice box-scented 2000 Montrachet is a huge, medium-bodied, luscious wine. Buttered, super-ripe apples, poached pears, honeyed minerals, and countless spices can be discerned in its extravagant personality. Rich, deep, and dense, it is the sexiest, most seductive Montrachet I’ve encountered. Projected maturity: now-2010. According to Aubert de Villaine, the Domaine de la Romanee-Conti’s co-director, “2000 was a particularly difficult vintage with lots of rot throughout all the vineyards. Rot is simply a sorting problem, and for that we are very well equipped. The sugar levels were very nice, but the grapes did not have the phenolic ripeness of 1999 or 2001. Ultimately, 2000 is the absolute opposite of 1999 at the Domaine since the wines are feminine and delicate. They are wines for connoisseurs, like a cross between 1992 and 1995. In fact, I’d say they are like 1992 but with more volume and fruit.” None of the Domaine’s 2000s are recommended as they were found to be lean, rustic, hard, and backward. In addition, two of the wines had vegetal characteristics and another two may have been tainted with rot. Those readers who are always looking for news concerning the next vintage will be interested to hear the following. Unlike almost all his colleagues who said that 2002 was going to be a spectacular vintage, de Villaine informed me that it would “another irregular year.”Wine Advocate #147 (2003-06-30) [2000] DRC モンラッシェ Montrachet ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ HOT,お得

[2008] DRC ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ【白】ラ・ヴィーニャドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 本物保証,SALE

[2009] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 送料無料,本物保証

【パーカー98+点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 2009 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 98+pt. Drink 2029-2059 The 2009 Romanee-Conti is surprisingly huge and even obvious in this vintage. That isn’t a problem, just an observation. Romanee-Conti can be an elusive, intensely cerebral wine, but not in 2009. Floral notes add lift on the vivid, kaleidoscopic finish. Today the Romanee-Conti is all about breathtaking exuberance and richness. This is a breathtaking bottle. Anticipated maturity: 2029-2059. Domaine de la Romanee-Conti’s 2009s have turned out just as brilliantly as I had hoped. The wines reflect the signature qualities of the year, but never lose their essential classicism. Long-time DRC fans know the domaine bottles in six-barrel lots, which naturally introduces a level of bottle variation that is not found in most other wines. I hope the massive amount of information that has recently come to light regarding counterfeit wines and their proliferation might be the catalyst for the domaine to consider bottling their wines in one homogenous lot, as is common for the vast majority of high-quality wines throughout the world. Once the domaine’s wines mature in 20-30 years it will be impossible to tell the difference between ‘normal’ bottle variation, poorly stored bottles and very good fakes. Certainly consumers who are willing and able to pay the prices these wines fetch are at the very least deserving of a consistent product.eRobertParker.com #200 (2012-04-30) DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2009] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 送料無料,本物保証

[1981] DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン Romanee St.Vivant ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,正規品

[1970] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作入荷,SALE

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} グラン・エシェゾー Grands Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接。赤や黒の果実の香りが凝縮されたようなまろやかで、コクのある極めて魅力的なワインを生み出します。「深い森を散策する夢見がちな貴族」という形容も。 [1970] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 新作入荷,SALE

[1993] DRC マール・ド・ブルゴーニュ ロマネ・コンティ Marc de Bourgogne 大人気,HOT

[1991] DRC ロマネコンティ マグナムRomanee Conti 1500mlシリアルナンバー No.00001ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 正規品,定番人気

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1991] DRC ロマネコンティ マグナムRomanee Conti 1500mlシリアルナンバー No.00001ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 正規品,定番人気

[2008] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 正規品,豊富な

【パーカー97点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 Year Wine Name Rating Maturity 2008 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti97 2028-2048Wine Advocate Sep 2011 The 2008 Romanee-Conti is a seamless, totally symmetrical wine. I am not sure where the RC starts and ends, it is simply an an all-encompassing wine. With time in the glass, hints of menthol and tar emerge, adding complexity to a deep core of fruit that continues to turn darker in the glass. The 2008 is an implosive, inward wine graced with breathtaking elegance and finesse. Anticipated maturity: 2028-2048. DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2008] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 正規品,豊富な

[2005] DRC ロマネコンティ 1ケース【3本】 木箱入りRomanee Conti 1CS【3bt】 OWCドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番,新品

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [2005] DRC ロマネコンティ 1ケース【3本】 木箱入りRomanee Conti 1CS【3bt】 OWCドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 定番,新品

[1964] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 全国無料,新作

中間的な色合いの中で薄い方。十分に熟成しているように見える。控えめだが良い香り。かなり甘く、フルボディで、リッチで、力強く、ピリッとしていて、まだ絹のようなタンニンがある。最後の記録は1996年7月。★★★★ これからも楽しめるはず。 (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳) [1964] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 全国無料,新作

[1975] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気セール,SALE

[1976] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,高品質

[1975] グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 爆買い,セール

[1998] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 安い,高品質

[1996] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 爆買い,安い

【パーカー99-100点】 1996 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti (99-100)pt. Drink データなし A limpid, ruby/crimson core. The nose soars from the glass: violets, cassis and blueberry. Incredible definition and vigor with perceptively more upfront, vanillary oak than the 1995. As usual the palate is complex, laced with cherry, red with layers of dark fruits. Perfectly balanced and symmetrical with a minerally finish. Amazing. Tasted February 1999.Wine Journal #N/A (2007-05-30) [1996] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 爆買い,安い

[2011] DRC ラ・ターシュ 【自社輸入・航空便】 La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,高品質

【パーカー95点】 2011 Domaine de la Romanee Conti La Tache 95pt. Drink 2017-2040 The La Tache 2011, picked on 5 and 6 September at 27.49hl/ha, has a wonderful bouquet that is quintessential La Tache: very complete and harmonious, beautifully delineated, succinct at first then with aeration, blossoming with brambly red berries, apple blossom, minerals and a touch of sous-bois. The palate is medium-bodied with immense purity and delicacy on the entry. This La Tache is extremely focused, velvety smooth in the mouth and although not as complex as the 2010, it has a beguiling femininity that will seduce at ten paces. It is extremely long in the mouth but politely does not outstay its welcome. Divine. 1,514 cases produced. Drink 2017-2040.eRobertParker.com #211 Feb 2014 [2011] DRC ラ・ターシュ 【自社輸入・航空便】 La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お得,高品質

[1991] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 100%新品,定番

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} エシェゾー Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) グラン エシェゾーの西と南に広がる畑で、味わいはしばしば「グラン エシェゾーの弟」と表現されます。ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのワインの中では最も早熟で、早くから楽しめます。軽やかで優美な、親しみやすいワインです。 [1991] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 100%新品,定番

[2008] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 高品質,格安

【パーカー94点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} エシェゾー Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) グラン エシェゾーの西と南に広がる畑で、味わいはしばしば「グラン エシェゾーの弟」と表現されます。ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのワインの中では最も早熟で、早くから楽しめます。軽やかで優美な、親しみやすいワインです。 Year Wine Name Rating Maturity 2008 Domaine de la Romanee Conti Echezeaux94 2018-2038Wine Advocate Sep 2011 The 2008 Echezeaux is a noticeable step up in quality from the Vosne-Romanee. This is a decidedly rich, powerful Echezeaux endowed with considerable muscle. The aromas and flavors build beautifully towards a dazzling, harmonious finish. The 2008 is a big Echezeaux that could use further time in the cellar. There is plenty of underlying structure to support a long life in the cellar. The 2008 is seriously impressive. If any wine can be said to represent ‘value’ among the Domaine’s 2008s, the Echezeaux is it. Anticipated maturity: 2018-2038. [2008] DRC エシェゾーEchezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 高品質,格安

[1969] DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン BRomanee St.Vivantドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 格安,新作登場

[1998] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 安い,本物保証

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 オープングラスでは花のようで愛すべき香り。注ぎたての時は、見事な芳香と果実香が押し寄せる。中甘口で、充実感があり、リッチ。力強く主張していて、華麗な風味と余韻。スパイシーな後味。試飲は2001年2月。★★★★ 2010~2030年。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1998] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 安い,本物保証

[2002] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 格安,本物保証

【パーカー96-98点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} グラン・エシェゾー Grands Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接。赤や黒の果実の香りが凝縮されたようなまろやかで、コクのある極めて魅力的なワインを生み出します。「深い森を散策する夢見がちな貴族」という形容も。 Year Wine Name Rating Maturity 2002Domaine de la Romanee Conti Grands Echezeaux 96-98now-2020Wine Journal #N/A (2007-05-30)Similar colour to Echezeaux. The nose is more reticent but left in the glass some gamey notes develop with leather and cherry. Fabulous definition on the palate, a more confident entry, very fresh with great finesse. Quite tight with firm tannins. More masculine than usual. This a real vin de gard. Tasted February 2005. 中程度から深い色で、かすかにチェリー・レッド。明るいへり。即座に立ち上がる見事な芳香、良い果実香、リッチで、偉大な深み。最初は「すごく舌を刺す辛味」があるが、非常に甘く、非常に風味に満ちていて、おいしい若い果実味、非常にタンニンの渋みが強い。試飲は2003年11月。★★★★★ 2012~2025年 ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント 著 [2002] DRC グラン・エシェゾーGrands Echezeauxドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 格安,本物保証

[1996] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 激安大特価

【パーカー99-100点】 .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 1996 Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti (99-100)pt. Drink データなし A limpid, ruby/crimson core. The nose soars from the glass: violets, cassis and blueberry. Incredible definition and vigor with perceptively more upfront, vanillary oak than the 1995. As usual the palate is complex, laced with cherry, red with layers of dark fruits. Perfectly balanced and symmetrical with a minerally finish. Amazing. Tasted February 1999.Wine Journal #N/A (2007-05-30) DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1996] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 激安大特価

[1985] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ【液面低い・キャップ天辺破れ】 高品質,大人気

.data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 Year Wine Name Rating Maturity 1985 Domaine de la Romanee Conti La Tache90 1995 - 2002Wine Advocate #100 Aug 1995 PRODUCTION: 1,624 cases. A brilliant wine from cask, the 1985 La Tache remains expansive and fragrant, but bottle age appears to have given the wine more delicacy and lightness. The color is an extremely light ruby, with no signs of age. The nose offers up gobs of sweet, overripe red and black fruits intertwined with smoky, toasty new oak. On the palate, there is sweet, jammy fruit, full body, a harmonious interaction of tannin, acidity, and fruit, and a luscious, silky-textured finish. Given my high praise for this wine, I would have hoped for more, but performances such as this are further proof that Burgundy is indeed the wine for free-spending masochists. This wine should continue to drink well for another 5-7 years, but it needs to be closely monitored given the fact that in 1995 it exhibits less weight and depth than I would have anticipated. Although it is unquestionably an outstanding wine, I had hoped for something riveting. [1985] DRC ラ・ターシュLa Tacheドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ【液面低い・キャップ天辺破れ】 高品質,大人気

[1997] DRC ロマネコンティRomanee Conti SALE,新品

【パーカー95点】 Year Wine Name Rating Maturity 1997Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti952016-2025Wine Journal #1112 (2012-11-30) Tasted at The White Club’s dinner in Basel. My first Romanee-Conti with bottle age, to be frank I have little context other than assessing the wine in my glass. It has a very complex, quite profound bouquet with blackcurrant, wild hedgerow, dark plum and crushed stone, hints of heather developing with aeration. It is a remarkably backward nose considering that the Echezeaux 1997 was drinking so soon. The palate is medium-bodied with crisp, taut tannins. There is a vitamin-like purity here, something that brings to mind some of Martinborough’s finest Pinot Noir (that is intended as a complement by the way.) Precocious on the finish, I cannot help feeling that it needs extended bottle age in order to absorb traces of new oak. Not cheap, but undeniably delicious. Drink 2016-2025+. 1997年 ロマネ・コンティ 私はしばしばラ・ターシュに心惹かれるのだが、このワインは即座にリッチな香りが立ち上がり、ラ・ターシュより充実感があり、甘かった。特徴は多次元的で比較的凝縮していることである。口いっぱいに風味が広がる。良い果実味。試飲は2000年2月。★★(★★)21世紀の20年代まで十分生き続けるだろう。 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1997] DRC ロマネコンティRomanee Conti SALE,新品

[1992] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お買い得,爆買い

※液面:22mm ※ラベル汚れあり .data{font-size:12px; color:#996600; line-height:18px;} ロマネ コンティ Romanee-Conti この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。 壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品・・・と讃辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI ド・ヴィレーヌ家、ビーズ=ルロワそしてロック家によって所有されているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティがブルゴーニュで最も有名なワイナリーであるのは疑問の余地がない。事実、世界で最も有名なワイナリーかもしれない。略称の「DRC」は、実業界での「IBM」や「GE」と同じように、ワイン界ではとても重要である。 このワイナリーの歴史は、1760年7月18日の記録にさかのぼることができ、サン=ヴィヴァン大寺院の文書には、後にロマネ=コンティとして知られる畑が「ロマネのブドウ樹」として言及されている。 このワイナリーは、1867年に、様々な区画のワインをアサンブラージュしていたサントネのネゴシアン、J.M.デュヴォー=ブロシェによって買い取られた。1942年に、デュヴォー=ブロシェの子孫であるオーベール・ド・ヴィレーヌの父親は、DRCの所有権の半分をオーセー=デュレスのネゴシアン、アンリ・ルロワに売却した。アンリ・ルロワにはラルー・ビーズ=ルロワとポーリーヌのふたりの娘がいて、現在のDRCの大株主となっている。ド・ヴィレーヌ家の所有権は、さらに分割されている(最近の集計では、約10人の所有者がいる)。 それでは、何がDRCのワインをこれほどまでに有名にし、高価で崇拝されるものにしたのだろうか?まぎれもなく、偉大なヴィンテージにおいてはDRCのワインには文字どおり並ぶものがない。『指輪物語』の三部作に出てくる神秘的な都市、ミナス・ティリスのようなもので、見事さや力強さで匹敵するものがいない、きらびやかに輝く帝国である。2003年や1999年、1990年といったヴィンテージにおいては、DRCが成し遂げたものに、ほんのわずかでも近づけたピノ・ノワールのワインは世界のどこにもない。 (中略) 私はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティの最も心引かれるワインは、ロマネ=コンティではなくてラ・ターシュだと常に思ってきた。しかし、ロマネ=コンティの最上のヴィンテージには、ラ・ターシュのような肉づきや凝縮感は決してないとはいえ、霊妙な何かがある。ロマネ=コンティの並外れた芳香、パワーと浸透性がこのワインを特別なものにしている。ただし、毎年、わずかに約5,500本しか生産されず、入手したいと思う億万長者にとってさえ十分な数はない。 ロバート・パーカー著 『ロバート・パーカーが選ぶ世界の極上ワイン』 河出書房新社 [1992] DRC ロマネコンティRomanee Contiドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ お買い得,爆買い

[1995] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,定番

【パーカー95点】 Year Wine Name Rating Maturity 1995Domaine de la Romanee Conti Richebourg95データなしIn Asia #0510 (2010-05-31)Pale+ ruby colour with a brick rim. Earthy, savoury, meaty nose with notes of ceps, smoky bacon, kirsch and spiced blackberries at the core. The palate is firmly structured, masculine, with a high level of grainy tannins and medium to high acidity complimenting the savoury fruit. Very long, earthy finish. Needs a few more years to soften and open out some of those more delicate, latent flavours but promises to be an amazing wine. 1995年 DRCリシュブール:★★(★★★) かなり深い色で、熟成が始まるところ。複雑な香り。最初は植物的で、スパイシーで、わずかにメタリックだが、やがてもっと大地を思わせる、においの強い特徴を発揮するようになる。かすかに甘草の香りも。甘く、リッチ、完璧で、魅力的、タンニンの渋みが強い。試飲は2003年11月。2010~2030年 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1995] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 大得価,定番

【DRC 2007★ミニアソート 6本】[2007] RC・LT・R・RS・GE・Eドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 格安,新作

●セット内容 ヴィンテージ:2007年 計 6本 ・2007 ロマネ コンティ 750ml 1本 PP96 ・2007 ラ・ターシュ 750ml 1本 PP91 ・2007 リシュブール 750ml 1本PP91 ・2007 ロマネ・サン・ヴィヴァン 750ml 1本 PP93 ・2007 グラン・エシェゾー 750ml 1本 PP92 ・2007 エシェゾー 750ml 1本 PP90 Year Wine Name Rating Maturity 2007Domaine de la Romanee Conti Romanee Conti 96 now2007Domaine de la Romanee Conti La Tache 91 now2007Domaine de la Romanee Conti Richebourg 91 2010-20202007Domaine de la Romanee Conti Romanee St Vivant 93 2010-20252007Domaine de la Romanee Conti Grands Echezeaux 92 2010-20222007Domaine de la Romanee Conti Echezeaux 90 2010-2017 【DRC 2007★ミニアソート 6本】[2007] RC・LT・R・RS・GE・Eドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 格安,新作

[1970] DRC ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 限定セール,お得

[1978] DRC エシェゾー Echezeaux ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ 人気セール,限定SALE

[1981] DRC リシュブールRichebourgドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ※ラベル微小汚れ、キャップシール微小破損 得価,低価