[1924] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 数量限定,低価

Year Wine Name Rating Maturity 1924 Latour 90 2000 - 2020Wine Advocate #129 Jun 2000 Medium amber/ruby-colored, this aromatic (cinnamon, ginger, leather, dried herbs, and iron) Latour possesses fine ripeness, sweetness, and medium body. Some tannin and acidity are present in the finish, but the wine remains in remarkable condition. It is capable of lasting another 10-20 years. p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [1924] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 数量限定,低価

[1959] シャトー・マルゴー マグナムCh.Margaux 1500ml 豊富な,送料無料

[1992] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux セール,新作

1992 Chateau Margaux 87pt. Drink 2003-2009 Deep ruby with some purple nuances, this wine offers up relatively light, somewhat muted notes of cassis, licorice, and new oak. In the mouth, the wine is medium-bodied, soft, fully mature, with surprising elegance and purity. The finish is a bit short, but nevertheless, this is another very impressive wine from a vintage that requires consumption over the next 4-5 years. Anticipated maturity: Now-2009. Last tasted, 10/02.Bordeaux Book, 4th Edition Jan 2003 [1992] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux セール,新作

[1973] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 人気定番,新作登場

[1995] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion セール,品質保証

【パーカー96点】 1995 Haut Brion 96pt. Drink 2003-2035 It is fun to go back and forth between the 1995 and 1996, two superb vintages for Haut-Brion. The 1995 seems to have sweeter tannin and a bit more fat and seamlessness when compared to the more structured and muscular 1996. Certainly 1995 was a vintage that the brilliant administrator Jean Delmas handled flawlessly. The result is a deep ruby/purple-colored wine with a tight but promising nose of burning wood embers intermixed with vanilla, spice box, earth, mineral, sweet cherry, black currant, plum-like fruit, medium to full body, a high level of ripe but sweet tannin, and a finish that goes on for a good 40-45 seconds. This wine is just beginning to emerge from a very closed state where it was unyielding and backward. Anticipated maturity: 2006-2035. Last tasted, 11/02.Bordeaux Book, 4th Edition #B5 (2003-01-01) '95年物格付銘柄第一級のブラインド・テイスティングで首位の得点。香りは良く熟成しているが驚くほど控えめに開き、調和している。柔らかく上質の果実味、グラーヴの典型、とても魅力的。最後の試飲は2006年12月。★★★(★★) 今~2020年。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1995] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion セール,品質保証

[2011] シャトー・ラフィット・ロートシルト Ch.Lafite Rothschild 750ml 新品,100%新品

【パーカー93-95点】 Year Wine Name Rating Maturity 2011Lafite-Rothschild 93-95データなしWine Journal #0512 (2012-05-31)The 2011 Lafite-Rothschild is a blend of 80% Cabernet Sauvignon and 20% Merlot with an alcohol level of 12.6%. It has wonderful purity on the nose with blackberry, cassis, raspberry, a touch of graphite and an attractive floral note. It is feminine and beguiling. The palate is medium-bodied with supple tannins on the entry, crisp acidity, very harmonious and alluring with blackberry, raspberry and a saline touch towards the long caressing finish. It is a more sensual Lafite that I was expecting, with great persistency and poise. Tasted April 2012. [2011] シャトー・ラフィット・ロートシルト Ch.Lafite Rothschild 750ml 新品,100%新品

[1961] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlA :リコルクありCh.Lafite Rothschild 格安

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1961] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlA :リコルクありCh.Lafite Rothschild 格安

[2007] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1本Ch.Lafite Rothschild 2007 1500ml 1MG 大人気,2015

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [2007] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1本Ch.Lafite Rothschild 2007 1500ml 1MG 大人気,2015

[1980] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 定番,SALE

[1966] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1500ml Ch.Lafite Rothschild 定番人気

Year Wine Name Rating Maturity 1966 Lafite-Rothschild84 N/AWine Advocate #103 Feb 1996 Except for the 1966 and 1870 vintages of Lafite-Rothschild, these wines were poured on virgin territory on my palate. Isn't it ironic that the most disappointing wine (forgetting the spoiled 1875 Lafite-Rothschild, which had frightful levels of volatile acidity) was the youngest wine, the 1966 Lafite. With a light to medium ruby/garnet color, this wine exhibited a classy, weedy, herbal, Cabernet-dominated nose, soft, washed-out flavors, and little body and length. It is also beginning to dry out. I suppose if one were to taste a 30-year old Cabernet from Monterey County, California, it might reveal similar characteristics. The 1966 Lafite-Rothschild has consistently been a major disappointment from what is an irregular, but very good vintage. [1966] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1500ml Ch.Lafite Rothschild 定番人気

[2006] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本Ch.Mouton Rothschild 1bt 最安値,得価

【パーカー96点】 2006 Mouton-Rothschild 96pt. Drink 2014-2045 A major sleeper of the vintage and a great effort, the 2006 Mouton-Rothschild boasts abundant notes of creme de cassis, licorice, truffles, forest floor and cedarwood. The stunning aromatics are still somewhat primary, but the wine is full-bodied with sweet, abundant tannin. Built like a skyscraper with multiple dimensions, this super-concentrated, beautiful blend of 87% Cabernet Sauvignon and 13% Merlot should drink well for 30+ years.eRobertParker.com #216 (2014-12-30) [2006] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本Ch.Mouton Rothschild 1bt 最安値,得価

[2008] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 高品質

【パーカー94点】 2008 Mouton-Rothschild 94pt. Drink 2016-2040 From an underrated vintage for many Bordeaux wines, the 2008 Mouton-Rothschild reveals classic notes of cigar box, forest floor, underbrush, vanillin, camphor, chocolate and abundant blackcurrant and blackberry fruit. Beautifully finessed tannins coat the mouth, giving the wine a savory, expansive texture with no hard edges. It still has some tannin to shed, but this beauty is evolving quickly, displaying wonderful secondary nuances. It should age for 25+ years.eRobertParker.com #216 (2014-12-30) [2008] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 高品質

オード ヴィ- ド マール ダキテーヌ ド ムートン ロートシルトシャトー ムートン ロートシルトEau de Vie de Marc d'Aquitaine de Mouton-Rothschild 700ml お買い得,低価

シャトー ムートン ロートシルトのマール ぶどうは全てムートンで収穫、醸造されます。その後マール用にワインを選んで蒸留所に送り、最初の蒸留で度数を20度まで上げ、ヘッドとテイルは使わず中間のスピリッツだけを2度目の蒸留にまわします。さらに厳選したスピリッツのみ蒸留させた後、いくつかの樽をブレンドし、チルフィルターをかけることで、透明感と輝きのあるマールが生まれます。 度数:22度 容量:700ml オード ヴィ- ド マール ダキテーヌ ド ムートン ロートシルトシャトー ムートン ロートシルトEau de Vie de Marc d'Aquitaine de Mouton-Rothschild 700ml お買い得,低価

[1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【C】 750mlCh.Lafite Rothschild 新作登場,限定SALE

Wine Spectator 92 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【C】 750mlCh.Lafite Rothschild 新作登場,限定SALE

[2005] シャトー・ラトゥール 750ml 1本 Ch.Latour 2005 1bt 定番人気,人気セール

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [2005] シャトー・ラトゥール 750ml 1本 Ch.Latour 2005 1bt 定番人気,人気セール

[2009] シャトー・マルゴー フルボトル 1ケース【12本】Ch.Margaux 750ml 低価,定番

[1985] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 豊富な,得価

【パーカー95点】 1985 Chateau Margaux 95pt. Drink 2003-2015 Approaching full maturity, this beautifully sweet Chateau Margaux has a dense plum/purple color and a huge, sweet nose of black currants intermixed with licorice, toast, underbrush, and flowers. Medium to full-bodied with supple tannin and a fleshy, juicy, very succulent and multi-layered mid-palate, this expansive, velvety wine has entered its plateau of maturity, where it should remain (assuming good storage) for at least another 10-15 years. A very delicious, seductive, and opulent Chateau Margaux to drink over the next two decades. Anticipated maturity: Now-2015. Last tasted, 10/02.Bordeaux Book, 4th Edition #B5 (2003-01-01) 1985年 シャトー・マルゴー :★★★★★ かなり深い色で、印象的なブラックチェリー色の芯がこれから熟成する。甘くソフト、素晴らしい肉づきと風味で、切れ味も良い。ワインだけでも気楽に楽しめる。最後の試飲は2006年4月。今~2030年。 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1985] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 豊富な,得価

[1975] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,2015

【パーカー90点】 1975 Latour 90?pt. Drink now ほとんどの1975年のメドックは瓶熟成させるうちによりやせた、より生硬な、どんどん難のあるものになっている。対照的に、いくつかのグラーヴ(特にオー=ブリオンとラ・ミッション・オー=ブリオン)とたいていのポムロールは風味が深まり、この過大評価されたヴィンテージにおけるスターとなっている。暗いルビー/ガーネット色をした1975年ラトゥールは、辛口の、ミネラル、タバコ、小石のような香りのするノーズを表し、レッドカラントやブラックカラントが西洋杉、スパイス箱、バルサムの樹と競い合うかのようなアロマもある。口に含むと硬く濃厚で、手強い、渋いタンニンがあり、体?は鋼鉄のようで、凝縮感もたっぷりなのだが、愛想の悪い、内向的なスタイルをしている。この若々しい1975年は、あと20年は持ちこたえる能力があるが、これもどんどんやつれた、硬いワインになっていくのだろうか。予想される飲み頃:現在~2020年。最終試飲年月:2000年6月ボルドー第4版 高い芳香。少し皮革香があるが、良い果実味と風味を備える。もちろんまだタンニン味がある。★★★ 今後改善され得る。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [1975] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 最安値,2015

[1967] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 送料無料,定番

Year Wine Name Rating Maturity 1967 Lafite-Rothschild72 N/A - 1980Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 This is a vintage in which Lafite could certainly have done better. Light ruby with browning very much in evidence, this wine in the mid-1970s had a fragrant, spicy, charming bouquet, easygoing, simple fruity flavors, and light tannins. Now it is quite tired with old, faded, fruit flavors. Drink up! Anticipated maturity: Now-probably in serious decline. Last tasted, 12/80. p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1967] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 送料無料,定番

[1962] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 驚きの破格値,大得価

【パーカー92点】 1962 Mouton-Rothschild 92pt. Drink 1997-2008 この本の以前の版で、私は、瓶ごとの違いがありすぎると文句を言ったが、ここ数年間にわたる3回の、完璧に貯蔵された瓶からのテイスティングでは、申し分ないワインであると分かった。1962年はこの上なく香りが華やかで、暗いガーネット色のエッジが薄くなってきている。ジャムのような黒い果実と西洋杉、煙の甘いノーズに、ビロードの舌触り、ミディアムボディからフルボディで、硬い角のないワインだ。圧倒的に豊かで、ふくよかなムートン。さらに年とともに個性と複雑さを加えている。ボルドー 第3版 [1962] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 驚きの破格値,大得価

[2004] シャトー・ラトゥール 3000ml 1本Ch.Latour 品質保証,安い

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [2004] シャトー・ラトゥール 3000ml 1本Ch.Latour 品質保証,安い

[1969] シャトー・オーブリオン Ch. Haut-Brion 定番人気,新品

[1961] シャトー・ラトゥール 750ml 【BBR品】Ch.Latour 最新作,新品

Year Wine Name Rating Maturity 1961 Latour 100 2000 - 2025Wine Advocate #129 Jun 2000 Port-like, with an unctuous texture, and a dark garnet color with considerable amber at the edge, the 1961 Latour possesses a viscosity and thickness. One of the three bottles served at the Chateau's tasting revealed a surprisingly aggressive, minty, herbaceous nose, but the other two bottles were liquid perfection, exhibiting fragrant, cedary, truffle, leather, mineral, and sweet, jammy aromatics, full-bodied, voluptuous textures, exquisite purity and concentration, and a layered, highly-nuanced finish that represents the essence of compellingly great wine. The 1961 has been fully mature for over 15 years, but it seems to get richer, holding onto its succulence and fat, and developing more aromatic nuances without losing any sweetness or concentration. An extraordinary wine, it is unquestionably one of the Bordeaux legends of the century! Anticipated maturity: now-2025 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [1961] シャトー・ラトゥール 750ml 【BBR品】Ch.Latour 最新作,新品

[2005] シャトー・オーブリオン フルボトル 1ケース【12本】Ch.Haut-Brion 750ml 1CS【12bt】 お得,大人気

Year Wine Name Rating Maturity 2005 Haut Brion98 2017 - 2040Wine Advocate #176 Apr 2008 Another profound effort from Haut-Brion, the 2005 (a 9,000-case blend of 56% Cabernet Sauvignon, 39% Merlot, and the rest Cabernet Franc) has bulked up to the point that it is fair to compare it to the great successes of 1989, 1990, 1995, 1996, 1998, and 2000. A dark ruby/purple color is followed by a nuanced, noble bouquet of blue and red fruits interwoven with wet stones, unsmoked cigar tobacco, scorched earth, and spring flowers. The wine is full-bodied, pure, and complex as well as exceptionally elegant with laser-like precision. The tannins are still serious and substantial, and in that sense, this is a completely different style of Haut-Brion than the opulent, silky-textured 1989 and 1990. As I have written before, it comes across as an improved, more concentrated and structured version of the 1995 or 1998. Patience will be required for this stunner. Anticipated maturity: 2017-2040+ [2005] シャトー・オーブリオン フルボトル 1ケース【12本】Ch.Haut-Brion 750ml 1CS【12bt】 お得,大人気

[1966] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml3【ボトム・ネック】Ch.Lafite Rothschild 激安大特価,本物保証

Year Wine Name Rating Maturity 1966 Lafite-Rothschild 84nowボルドー第4版明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1966] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml3【ボトム・ネック】Ch.Lafite Rothschild 激安大特価,本物保証

[1980] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 格安,人気セール

1980 Chateau Margaux 88pt. Drink 1991-2000 Margaux, along with Petrus, is unquestionably one of the best two wines produced in the 1980 vintage. This is a wine of uncommon power, concentration, richness, and beauty. It has a ruby color, fine extract, and a surprisingly long, supple palate. This medium bodied and still moderately tannic wine should continue to drink well for at least a decade. Anticipated maturity: Now-2000. Last tasted, 1/91.Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) [1980] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 格安,人気セール

[1984] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 新品,品質保証

[1962] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild セール,定番人気

1962 Lafite-Rothschild 88pt. Drink データなし The 1962 Lafite-Rothschild exhibited the chateau's tell-tale cedary, cigar box-like, understated bouquet, and light-bodied, delicate flavors. Although soft, round, and delicious, like so many Lafites, its stiff price always makes me think that the quality of Lafite is rarely proportional to the wine's cost. Last tasted 12/95Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1962] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild セール,定番人気

[1993] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,品質保証

【パーカー90点】 1993 Mouton-Rothschild 90pt. Drink 2004-2015 After less than persuasive performances in two potentially great years, 1989 and 1990, Mouton-Rothschild appears to have settled down, producing fine efforts in recent vintages, culminating with the enormously promising, unquestionably profound 1995. The 1993 is a beautifully made wine which could be considered a sleeper of the vintage. The wine boasts a dark purple color, followed by a sweet, pain grillee, roasted nut, and cassis-scented bouquet that is just beginning to open. In the mouth, the wine may not possess the body and volume of a vintage such as 1990 or 1989, but there is more richness of fruit, a sweet, ripe, pureness to the wine, as well as medium body and outstanding balance. This moderately tannic, well-focused, surprisingly rich 1993 is capable of 15-20 years of evolution. Anticipated maturity: 2004-2015.Wine Advocate #109 Feb 1997 いまだに濃い色。特徴あるミントとユーカリ風の芳香。辛口、スリム。爽快だが、角とやや収斂性のある切れ上がり。最後の試飲は2005年7月。★★★ 早めに飲んだ方がよい。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1993] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,品質保証

[1993] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 本物保証,人気セール

【パーカー90+点】 1993 Latour 90+pt. Drink 2007-2025 このヴィンテージの傑作であるラトゥールの1993年は、非常に濃い紫で、内向的なノーズは西洋杉と黒胡桃、カシス、土のにおいがする。ミディアムボディからフルボディ、ゴージャスな豊かさ、凝縮した果実味、ほどよい高いタンニン(しかし収斂味はまったくない)、そして甘い、長い、力強いフィニッシュを示す。このヴィンテージ特有の青物のような、ピーマンのような特徴は少しも持ち合わせず、中身の抜けた感じや荒っぽさもない。これは評価が上がりそうだ。このヴィンテージは1967年1971年の再現となるか?飲み頃予想:2007年から2025年 最終試飲月:97年1月ボルドー第3版 1993年 シャトー・ラトゥール :★★★ 深く濃い色、ビロードのよう。非常な芳香。良い風味。感じのいいワイン。最後の試飲は2003年12月。今~2012年。 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1993] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 本物保証,人気セール

[1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【F】 750mlCh.Lafite Rothschild お得,安い

Wine Spectator 92 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【F】 750mlCh.Lafite Rothschild お得,安い

[1955] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild 激安大特価,お買い得

【パーカー93-95点】 1955 Mouton-Rothschild 93-95pt. Drink データなし A noticeably deeper colour than the Lafite 1955. An intense, cedar, spicy, cigar box, minty nose with great definition. Develops a touch of orange zest and black olives. It is almost verging on the volatile. The palate is very concentrated, relatively high toned with notes of ginger, a touch of liquorice and cherry liqueur. A little showy and ostentatious perhaps "gaudy"? A dense, perhaps a little cumbersome finish compared to the others. Tasted November 2005.Wine Journal #N/A (2000-01-01) シャトー・ムートン・ロートシルト 1955 目を見張るようなワイン、恐らく1980年代が最盛期だった。最新の試飲について:中程度の濃さ、豊かな色。十分に熟成したブーケ。味はリッチだが少し細身で、スパイシーな風味とドライな切れ上がり。最後の試飲は2003年11月。★★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1955] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild 激安大特価,お買い得