[1993] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,品質保証

【パーカー90点】 1993 Mouton-Rothschild 90pt. Drink 2004-2015 After less than persuasive performances in two potentially great years, 1989 and 1990, Mouton-Rothschild appears to have settled down, producing fine efforts in recent vintages, culminating with the enormously promising, unquestionably profound 1995. The 1993 is a beautifully made wine which could be considered a sleeper of the vintage. The wine boasts a dark purple color, followed by a sweet, pain grillee, roasted nut, and cassis-scented bouquet that is just beginning to open. In the mouth, the wine may not possess the body and volume of a vintage such as 1990 or 1989, but there is more richness of fruit, a sweet, ripe, pureness to the wine, as well as medium body and outstanding balance. This moderately tannic, well-focused, surprisingly rich 1993 is capable of 15-20 years of evolution. Anticipated maturity: 2004-2015.Wine Advocate #109 Feb 1997 いまだに濃い色。特徴あるミントとユーカリ風の芳香。辛口、スリム。爽快だが、角とやや収斂性のある切れ上がり。最後の試飲は2005年7月。★★★ 早めに飲んだ方がよい。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1993] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 限定セール,品質保証

[2008] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 高品質

【パーカー94点】 2008 Mouton-Rothschild 94pt. Drink 2016-2040 From an underrated vintage for many Bordeaux wines, the 2008 Mouton-Rothschild reveals classic notes of cigar box, forest floor, underbrush, vanillin, camphor, chocolate and abundant blackcurrant and blackberry fruit. Beautifully finessed tannins coat the mouth, giving the wine a savory, expansive texture with no hard edges. It still has some tannin to shed, but this beauty is evolving quickly, displaying wonderful secondary nuances. It should age for 25+ years.eRobertParker.com #216 (2014-12-30) [2008] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本 Ch.Mouton Rothschild 1bt 高品質

[1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【G】 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,人気SALE

Wine Spectator 92 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【G】 750mlCh.Lafite Rothschild 品質保証,人気SALE

[1991] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 全国無料,高品質

1991 Haut Brion 89pt. Drink 2003-2007 This wine has turned out far better than I ever expected. It started off life relatively austere, closed, and tannic, and seemed a bit light, but the wine has put on weight (as so many vintages of Haut-Brion tend to do), and now shows a very complex nose of cigar tobacco intermixed with scorched earth, sweet cherry and black currant fruit, and some high quality toast. The wine is medium-bodied and a great example of finesse, elegance, and just brilliant winemaking in a vintage where the odds were stacked against even a great terroir such as Haut Brion. Anticipated maturity: Now-2007. Last tasted, 11/02.Bordeaux Book, 4th Edition #B5 (2003-01-01) [1991] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 全国無料,高品質

[1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【K】 750mlCh.Lafite Rothschild 豊富な,格安

Wine Spectator 92 キャップシール破損 Ch.LAFITE 1947 14 notes, fairly consistent. A beautiful, well-balanced wine in the late 1950s. Not deep, always fairly maturing-looking. By the mid-1980s furthe evolution of bouquet which, in turn, developed in the glass. Touches of iodine, iron, vanilla, ‘medicinal’ Pauillac but always fragrant. Sweetish, a full-flavoured wine with elegance and power, and excellent acidity. The best probably the magnum at a Marin County Wine & Food Society dinner in 1986 シャトー・ラフィット ベリー・ブラザーズの酒庫からの2本のハーフボトルについて:魅力的なブーケ。今ではスリムだが好ましい。最後の試飲は2005年4月。 最上で★★★★飲んでしまうこと。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1947] シャトー・ラフィット・ロートシルト【K】 750mlCh.Lafite Rothschild 豊富な,格安

[1992] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux セール,新作

1992 Chateau Margaux 87pt. Drink 2003-2009 Deep ruby with some purple nuances, this wine offers up relatively light, somewhat muted notes of cassis, licorice, and new oak. In the mouth, the wine is medium-bodied, soft, fully mature, with surprising elegance and purity. The finish is a bit short, but nevertheless, this is another very impressive wine from a vintage that requires consumption over the next 4-5 years. Anticipated maturity: Now-2009. Last tasted, 10/02.Bordeaux Book, 4th Edition Jan 2003 [1992] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux セール,新作

[1970] シャトー・マルゴー 750ml【A】Ch.Margaux 定番人気,100%新品

[1996] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 定番,低価

【パーカー94点】 1996 Mouton-Rothschild 94pt. Drink 2007-2030 This estate's staff believes that the 1996 Mouton-Rothschild is very complex. I agree that among the first-growths, this wine is showing surprising forwardness and complexity in its aromatics. It possesses an exuberant, flamboyant bouquet of roasted coffee, cassis, smoky oak, and soy sauce. The impressive 1996 Mouton-Rothschild offers impressive aromas of black currants, framboise, coffee, and new saddle leather. This full-bodied, ripe, rich, concentrated, superbly balanced wine is paradoxical in the sense that the aromatics suggest a far more evolved wine than the flavors reveal. Anticipated maturity: 2007-2030. By the way, the 1996 blend consists of 72% Cabernet Sauvignon, 20% Merlot, and 8% Cabernet Franc.Wine Advocate #122 Apr 1999 非常に深みがあり、濃い色。とても香り高く、爽やかな果実、モカとチョコレートの微香。甘く、肉づきが良い。かすかに甘草と黒コショウ、おいしい風味、革のようなタンニン。最後の試飲は2005年9月。★★★★★ 2012~2030年。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1996] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 定番,低価

[1997] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 人気SALE,最新作

【パーカー90点】 1997 Mouton-Rothschild 90pt. Drink now-2020 1997年ムートン・ロートシルトに利用されたのは収穫の55%のみである。近年のムートンでは最も外向的で、成長したワインの1つで、このヴィンテージの魅力や肉づきのよさが十分に見られる。ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン82%、メルロ13%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%で、濃いルビー/紫色をしており、目の開いたノーズは西洋杉、ブラックベリーリキュール、カシス、コーヒーを思わせる。肉づきがよく、ブドウの完熟感があり、口の中がいっぱいになり、酸は弱く、タンニンはやわらかく、凝縮感や余韻の長さは称賛に値する。このおいしいポイヤックはたぶん15年強は熟成するだろう。このヴィンテージとしては印象的な作品である。ボルドー第4版 [1997] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 人気SALE,最新作

[1973] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild お買い得,大人気

Year Wine Name Rating Maturity 1973Ch.Lafite Rothschild 73『BORDEAUX ボルドー 第3版』魅力的な1973年もののひとつ。この軽くてやや水っぽい、やせたワインには、ラフィットの古典的な香り高いブーケがあり、余韻の短い、ひきしまって心地よい味わいが感じられ、タンニンは少ない。私が最後にテイスティングしたのは1980年のことだった。飲み頃予想:現在――だが、かなり飲み頃を過ぎているだろう 最終試飲月:80年12月 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1973] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild お買い得,大人気

[1961] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 限定SALE,定番人気

[2006] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 1500ml 1bt 驚きの破格値,セール

Year Wine Name Rating Maturity 2006 Lafite-Rothschild 97 2014 - 2035Wine Advocate #181 Feb 2009 One of the fabulous surprises, although I had suggested last year that it could jump in quality, of my tastings, the 2006 Lafite Rothschild is a great, great wine made from a blend of 82% Cabernet Sauvignon, 16% Merlot, and 2% Petit Verdot. When I tasted it from barrel, it reminded me of their successful 1988, but it is dramatically superior to that vintage. Frankly, it may turn out to be as good as the 2005, which in all of Bordeaux is a far greater vintage than 2006. Lafite’s severe selection process (42% made it into the grand vin) resulted in a full-bodied wine boasting an extraordinary perfume of charcoal, truffles, lead pencil shavings, and sensationally sweet, ripe black currant and cedar notes. A wine of extraordinary intensity, texture, and depth with silky tannins as well as awesome concentration, this has turned out to be a remarkable Lafite Rothschild that should be drinkable much earlier than the 2005, but age for three decades. Anticipated maturity: 2014-2035+. p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [2006] シャトー・ラフィット・ロートシルト マグナム 1本Ch.Lafite Rothschild 2006 1500ml 1bt 驚きの破格値,セール

[2004] シャトー・ラトゥール 750ml Ch.Latour 新作登場,新作

[2006] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本Ch.Mouton Rothschild 1bt 最安値,得価

【パーカー96点】 2006 Mouton-Rothschild 96pt. Drink 2014-2045 A major sleeper of the vintage and a great effort, the 2006 Mouton-Rothschild boasts abundant notes of creme de cassis, licorice, truffles, forest floor and cedarwood. The stunning aromatics are still somewhat primary, but the wine is full-bodied with sweet, abundant tannin. Built like a skyscraper with multiple dimensions, this super-concentrated, beautiful blend of 87% Cabernet Sauvignon and 13% Merlot should drink well for 30+ years.eRobertParker.com #216 (2014-12-30) [2006] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml 1本Ch.Mouton Rothschild 1bt 最安値,得価

[1987] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 最新作,新品

1987 Haut Brion 88pt. Drink 2003-2006 軽いヴィンテージなのに強烈に魅惑的で、しなやかな、おいしいワインが生産された例である。1989年の出荷時にはほとんど十分な飲み頃になっていたようだが、華やかな、まろやかな、エレガントな、おいしいスタイルのワインであり続けている。偉大なヴィンテージのような超大作の高得点がつくことはないが、ああ、なんと満足感が得られる、なんと典型的なオー=ブリオンであることか。特筆に値することに、どうやら熟成など歯牙にもかけず、華やかな、甘い、まろやかな、比較的軽い、ただしおいしい、とてもバランスのよい状態を保っているようだ。私はとっくに衰えているだろうと思っていたのだが、見事に飲み続けられているし、縁にいくらか琥珀色が忍び込んできているだけである。予想される飲み頃:現在~2006年。完ぺきにバランスがとれていれば、たとえ軽めのスタイルのワインであっても期待以上に長持ちするという見本である。最終試飲年月:2002年11月ボルドー 第3版 [1987] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 最新作,新品

[1977] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux お得,安い

[2003] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 豊富な,HOT

【パーカー95点】 2003 Haut Brion 95pt. Drink 2014-2024 Even better, and clearly the best wine made in the Haut-Brion stable in 2003 (the last vintage of the great Jean-Bernard Delmas as administrator), the 2003 Haut-Brion is a blend of 58% Merlot, 31% Cabernet Sauvignon and 11% Cabernet Franc that hit 13% natural alcohol, which seemed high at the time, but given more recent vintages is modest. Dark ruby/plum in color, with no amber or orange at the edge, the wine exhibits an abundance of roasted herbs, hot rocks, black currants, plum, and balsamic notes. Quite rich, medium to full-bodied and more complete, with sweeter tannins than La Mission Haut-Brion, this full-bodied Haut-Brion has hit full maturity, where it should stay for at least a decade. Bravo! These are two great successes in this vintage that have aged well and surprised me by their intensity and overall complexity.Wine Advocate #214 (2014-08-28) [2003] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 豊富な,HOT

[1960] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 最安値,本物保証

[1999] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 新作入荷,本物保証

【パーカー93点】 1999 Haut Brion 93pt. Drink 2007-2025 Deep plum, currant, and mineral notes emerge from the concentrated, beautifully balanced, pure 1999 Haut Brion. It seems to be cut from the same mold as years such as 1979 and 1985. There is a hint of graphite in the abundant fruit. The wine is medium to full-bodied, nuanced, subtle, deep, and provocatively elegant. It is made in a style that only Haut Brion appears capable of achieving. The finish is extremely long, the tannins sweet, and the overall impression one of delicacy interwoven with power and ripeness. Anticipated maturity: 2007-2025.Wine Advocate #140 Apr 2002 89、90年物以降では最良と思われる。香り高く、わずかな甘さ、絹のようなタンニン、良い酸味。最後の試飲は2003年9月。★★★★ 今~2025年 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1999] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion 新作入荷,本物保証

[1996] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 激安大特価,格安

【パーカー99点】 1996 Chateau Margaux 99pt. Drink 2005-2040 The 1996 Chateau Margaux, which was bottled in September, 1998, is undoubtedly one of the great classics produced under the Mentzelopoulos regime. In many respects, it is the quintessential Chateau Margaux, as well as the paradigm for this estate, combining measured power, extraordinary elegance, and admirable complexity. I tasted the wine on three separate occasions in January, and in short, it's a beauty! The color is opaque purple. The wine offers extraordinarily pure notes of blackberries, cassis, pain grille, and flowers, gorgeous sweetness, a seamless personality, and full body, with nothing out of place. The final blend (85% Cabernet Sauvignon, 10% Merlot, and the rest Petit Verdot and Cabernet Franc) contains a high percentage of Cabernet Sauvignon. It tastes complete and long, although backward. My instincts suggest this wine will shut down, but at present it is open-knit, tasting like a recently bottled wine. The fruit is exceptionally sweet and pure, and there are layers of flavor in the mouth. I do believe this wine will develop an extraordinary perfume, and possess a high level of richness. Anticipated maturity: 2005-2040.Wine Advocate #122 (1999-04-23) 卓越したワインで、よくあるように、初期から試飲自体が楽しい。カベルネ・ソーヴィニヨンとフランの比率が高い(85%)。95年物と全く異なるスタイルで、よりスリムでスパイシー、引き締まった果実とフィネス。上質の香りは、最初は閉じているが馥郁と展開していく。良い風味と余韻だが、タンニンが残り、未成熟である。最後の試飲は2003年6月。★★★★★2010~2030年。 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 [1996] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 激安大特価,格安

[2007] シャトー・ムートン・ロートシルト 375ml 1ケース【24本】オリジナル木箱Ch.Mouton Rothschild 1CS【24bt】 人気セール,最新作

Year Wine Name Rating Maturity 2007 Mouton-Rothschild 92+ 2010 - 2025Wine Advocate #188 Apr 2010 Composed of 81% Cabernet Sauvignon and 19% Merlot, the deep purple-colored 2007 Mouton reveals sweet aromas of creme de cassis, subtle oak, and flowers. Medium to full-bodied and elegant with sweet tannin as well as flavors and a texture that build incrementally on the palate, this strong effort should evolve over the next 15 years. [2007] シャトー・ムートン・ロートシルト 375ml 1ケース【24本】オリジナル木箱Ch.Mouton Rothschild 1CS【24bt】 人気セール,最新作

[1969] シャトー・オーブリオン Ch. Haut-Brion 定番人気,新品

[1986] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 激安大特価,定番

【パーカー90+点】 ※ラベルに多少の破れ・しみがございます。 1986 Latour 90+pt. Drink now 1986年は、崇高とまでは言えないものの、一貫して傑出したワインとなってきた。スパイシーな、胡椒のようなブーケに見られる香りは乾燥ハーブやレッドカラントの果実を思わせる。ミディアムボディで、生硬だが、若々しく、精力的で、凝縮感がある。まだ4~5年はセラーで寝かせる必要があるだろう。北メドックと(カベルネ・ソーヴィニョンに味方した)このヴィンテージではライバルのラフィット・ロートシルトやムートン・ロートシルトに追い抜かれている。予想される飲み頃:2005~2020年。最終試飲年月:2000年6月ボルドー第4版 これはマンモス的大物で、そう早くは飲めないと予想していたが、早くから(明らかに長期熟成ワインではあるが)素敵な果実味と肉づきがあった。最新の試飲について:とても深い色で、まだ若く見える。爽やかな果実味にショウガの気配があり、かすかに「汗のような」タンニン香。良い風味。生き生きしていて、かすかな鉄味と酸味がある。もっと寝かせる必要がある。最後の試飲は2004年6月。★★★★ 2010年以降 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [1986] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 激安大特価,定番

[1980] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 格安,人気セール

1980 Chateau Margaux 88pt. Drink 1991-2000 Margaux, along with Petrus, is unquestionably one of the best two wines produced in the 1980 vintage. This is a wine of uncommon power, concentration, richness, and beauty. It has a ruby color, fine extract, and a surprisingly long, supple palate. This medium bodied and still moderately tannic wine should continue to drink well for at least a decade. Anticipated maturity: Now-2000. Last tasted, 1/91.Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) [1980] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 格安,人気セール

[1966] シャトー・マルゴー 1500mlCh.Margaux 人気SALE,大人気

[1981] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild 送料無料,HOT

【パーカー91点】 こちらの商品はラベルに多少汚れがございます。 Year Wine Name Rating Maturity 1981Lafite-Rothschild 911997-2018ボルドー第4版このワインは十分な飲み頃になっているが、やや軽めのスタイル であるにもかかわらず衰える兆しは見えない。古典的なラフィッ トのブーケは赤や黒系の果実、西洋杉、フルーツケーキ、タバコ のようなアロマを思わせる。この中程度のルビー/ガーネット色 のワインは、口に含むと繊細な果実味が感じられ、アタックは甘 いのだが、微妙な、十分にくっきりとした風味はタバコ、葉巻入 れ、西洋杉、フルーツケーキを思わせる。食欲をそそる、やわら かいラフィット・ロートシルトは、知性にも舌にも心地よいワイ ンである。予想される飲み頃:現在~2015年。最終試飲年月: 2002年3月 1981年 シャトー・ラフィット :★★★ 少なくともメドックにとって、これはこのヴィンテージを要約したようなワイン。最近試飲したものは、熟成した明るい外観。十分に熟成した香りで、杉のような芳香。感じのいい重みと、爽やかでおいしい風味。後に、辛みとやせぎすという記述もしてあるので★★★か。飲んでしまうこと。(ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 [1981] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild 送料無料,HOT

[1990] シャトー・マルゴー フルボトル 1ケース【12本/木箱】Ch.Margaux 12bt [1990] 人気定番,限定SALE

[1981] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 新作入荷,爆買い

【パーカー91点】 1981 Chateau Margaux 91pt. Drink 1996-2015 重みと舌触りの点で1979年ものに最も近いスタイルの傑出したワインである。1982年、1983年、1986年の不朽のワインと比べても見劣りしないが、そうしたヴィンテージの力強さや重みは持っていない。それでも、この非常に暗いルビーから紫色のマルゴーには、熟したカシスの果実、スパイシーなヴァニリン・オーク、スミレの香りのアロマがある。口に含むとミディアムボディで凝縮味があり、タンニンが強く、余韻が極めて長い。ちょうど今開いて熟成し始めている。最終試飲月:96年12月ボルドー 第3版 1981年 シャトー・マルゴー:★★★ 中程度に熟成した濃い色。奇妙な土臭さ。バニラの微香と少し酸化気味のにおい。酸味のある切れ味。最後の試飲は2005年9月。最上で★★★ 老化しつつある。 (ヴィンテージ・ワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) [1981] シャトー・マルゴー 750mlCh.Margaux 新作入荷,爆買い

[1988] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion お得,人気セール

【パーカー92点】 1988 Haut Brion 92pt. Drink 2003-2025 より引き締まった構造をしたオー=ブリオンは、いささか1996年に連なるつくりで、暗いガーネット色をしており、甘草、森の下生え、コンポスト、トリュフ、乾燥ハーブ、クレオソート、甘いブラックチェリーやカラントの香りが見られる。ミディアムボディで、リッチであるが、いまだに構造も感じられる。味わってみると徐々にほぐれて、卓越した濃厚さや複雑なグラーヴらしい要素をたくさん見せるようになる。ちょうど十分な飲み頃の高原部に到達し始めたところだ。予想される飲み頃:現在~2025年。最終試飲年月:2002年11月ボルドー 第4版 [1988] シャトー・オーブリオン 750mlCh.Haut-Brion お得,人気セール

[2007] シャトー・ラフィット・ロートシルト ハーフCh.Lafite Rothschild 375ml 人気定番,低価

[1969] シャトー・ムートン・ロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 低価,セール

[1964] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 驚きの破格値,新品

Year Wine Name Rating Maturity 1964 Latour 91 1993 - 2013Wine Advocate #90 Dec 1993 Still lively and full, this rich, fully mature wine has at least 15-20 more years of longevity. The dark opaque garnet/purple color is followed by Latour's classic nose of minerals, walnuts, and cassis. Full-bodied, concentrated, and rich, the 1964 Latour is clearly the Pauillac of the vintage. In what was a dreadful year for many Medocs, this is unquestionably a great success. p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 [1964] シャトー・ラトゥール 750mlCh.Latour 驚きの破格値,新品